「小ネタ 林・木・家」: 福島でのバイオマス活用の森林除染を探るセミナーが行われた…との事

  • 2013.06.05 Wednesday
  • 09:35
 
続きを読む >>

木質バイオマスの考察 その5-1 : 放射性物質回収バイオマス

  • 2013.04.11 Thursday
  • 21:16
  
二本松市 杉沢の大杉

国、東電が負担に難色 二本松市教育施設の伐採費用

 東京電力福島第1原発事故に伴う除染で、二本松市は、小、中学校23校など教育施設の放射線量を下げるため、敷地内の植栽を伐採する事業を独自に進めている。市は事業費約1億6000万円を国や東電に求めているのに対して、国、東電とも難色を示し、暗礁に乗り上げている。環境省の除染に関する指針では樹木の伐採を避けるようにとあることが要因。市は国から事業費が交付されなかった場合、本年度予算の決算が出る今年6月以降に東電に行政賠償として請求する方針。
 同事業は昨年12月下旬から始まり、小、中学校や幼稚園、保育所の植栽を伐採している。原則全ての樹木を伐採するが、場所によっては記念樹や桜などを残している。二本松市教委は伐採に踏み切った理由として、建物の清掃や表土除去を終えたが樹木周辺では線量が下がりにくかったため、子どもの安全を最優先に考えて実施した。     (左写真は二本松市 杉沢の大スギ)

2013.02.17福島民友ニュース   http://www.minyu-net.com/news/news/0217/news2.html

続きを読む >>

木質ペレット燃焼灰8000Bq/Kg基準の指標値に関するその後・・・。再投稿

  • 2013.02.09 Saturday
  • 23:16

recent comment

  • この国の木材業界の不思議な動向
    株式会社者古代人スガオカ (11/16)
  • 国産スギCLTが、政府の新成長戦略に組み込まれた! これってどうよ?
    fujiwara (07/04)
  • この国の木材業界の不思議な動向
    渡邊豪巳 (12/21)
  • この国の木材業界の不思議な動向
    fujiwara (12/21)
  • エコキュートに関する私の個人的理解(原発推進の補完制度としてのオール電化の根幹設備)
    静の闘士 (11/27)
  • 今、林業の現場で起こっていること
    Tom-J (11/25)
  • 木質バイオマスの考察 その1: 浮世絵を見て資源量観点からの考察の必要性を感じた。
    田畑 豊史 (07/24)
  • 奈良県十津川村を視察して、筆者の、これまでの国産材への取り組み環境が恵まれていた事を実感した
    渡邊豪巳 (07/08)
  • 奈良県十津川村を視察して、筆者の、これまでの国産材への取り組み環境が恵まれていた事を実感した
    小西のりお (07/08)
  • 前回のブログをアップした翌日に、林野庁が昨年(24年)の用材需給実績を公表
    渡邊豪巳 (07/07)

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM